今回はコールセンター・テレマーケティング・テレアポといった業務に関する委託契約書の書き方と
その雛形(ひな形)に関するお話です。

ニーズの高いコールセンター・テレマーケティング業務

インターネットが普及していてもやはりニーズが高いのが
コールセンター・テレマーケティング業務です。
潜在顧客に対して営業電話をかけるようなアウトバウンド業務もあれば、
商品・サービスに対する問い合わせ対応のようなインバウンド業務もあります。

業務を依頼することも多いと思いますし、一方でこのような業務を営まれている方も
いらっしゃると思います。(テレマーケティング一括比較 はこちら)

そこで今回はコールセンター業務・テレマーケティング・テレアポなどにつかえる
「コールセンター業務委託契約書」について考えてみたいと思います。


コールセンター業務委託契約書の書き方のポイント

契約書の作成に当たっては以下の点を意識しつつ作成しましょう。

1)業務内容を明確!
 簡単なようで意外と難しい業務です。また依頼側の信用にかかわります。
 業務にあたっては対話の事例集(トークスクリプト・QA集)の作成をしましょう。
 また、業務時間帯などもしっかりと定めましょう。

2)費用・代金の算出方法の明確化
 通信費用の負担や前述のトーク集の作成、事前教育などの費用負担や
 単価算出に当たってのコール数などを明確にしておきましょう。

3)不可抗力によるトラブル
 通信のトラブルや停電などによるトラブル時の対応を協議しておきましょう。

コールセンター等業務委託契約書の雛形 無料公開中!


コールセンター・テレマーケティング業務委託契約書無料雛形(ひな形) 面倒な書類がたったの10分程度で準備できます!24時間利用可能!
 行政書士や法務担当などの専門家のノウハウが凝縮!
 圧倒的なコストパフォーマンス!
おかげさまで月間ダウンロードランキング No.1 獲得!!
(※デジタルコンテンツの日本最大級オープンマーケット「DL-Market」にて公開)

  bt1     bt2