今回はカメラマン業務、撮影業務の契約についてポイントとその雛形・書き方について考えてみたいと思います。

たとえば会社案内やホームページ用の写真撮影ですとか、
結婚式・発表会等のイベントでの撮影等もあることでしょう。

このようにカメラマンや撮影業務を行っている会社はたくさんありますが、
広告や出版業界などは「契約」という慣習があまりないせいで、
なかなか契約書を作るということがありません。

しかしそれでは報酬や著作権に関してトラブルやリスクがあります。
しっかりと作成を心がけましょう。

撮影等カメラマン業務委託契約書のポイント

1.撮影した写真データの範囲
 撮った写真データのすべてを相手に渡すのか、
 またはある程度選別して相手に渡すのかといったところを
 確認しておく必要があります。

2.撮影した写真データの知的財産権
 撮影したデータの知的財産権はカメラマンが原則的には有しています。
 それらの知的財産権を相手に渡すのかということを明記しておくことが重要です。
 また二次利用等に関しても記載が必要でしょう。
 たとえばWEBサイトのみでの利用なのか、その写真を新聞広告に乗せても良いのかなど。
 また、カメラマン側も自分の写真集などを販売するときに、掲載してよいのかどうかなど
 明記しておくことが大切になります。

3.納品方法
 写真を現像して納品するのか、データをメールで送るのか、
 CD-Rに焼いて納品するのかといった納品方法を明記しておくことが必要です。

4.撮影者の特定
 これはごくまれな場合ですが、
 単に写真を撮ってもらうことが目的でなく「○○さんに撮ってもらう」ということが
 重要な場合もあります。
 そのようなときは撮影者も契約書で特定しておくことが大切です。

5.代金等
 キャンセル料や代金の支払い方法についても明記しておきましょう。

写真撮影等カメラマン業務委託契約書の雛形 無料公開中!


写真・ビデオ撮影等カメラマン業務委託契約書無料雛形(ひな形) 面倒な書類がたったの10分程度で準備できます!24時間利用可能!
 行政書士や法務担当などの専門家のノウハウが凝縮!
 圧倒的なコストパフォーマンス!
おかげさまで月間ダウンロードランキング No.1 獲得!!
(※デジタルコンテンツの日本最大級オープンマーケット「DL-Market」にて公開)

  bt1     bt2